支払督促が届いた場合の正しい対処法

借金の返済を長期に渡って滞納をしていると、通常の催促の連絡だけでなく支払督促といったものが届く場合があります。督促状などとも呼ばれ、通常の返済を促す書類とは大きく異なる性質を持つものとなります。

 

督促状が届く段階というのは借金返済においても非常に厳しい状況と言え、そのまま放置をしていると裁判へと発展してしまう可能性があります。正当な理由もなく支払いをしていないと分かれば財産の差し押さえなどにもなる可能性があり、僅かな借金で大きな問題となってしまうのです。

 

裁判になって給料の差し押さえとなれば、大きく所得が目減りすることとなります。普段の生活にも大きな影響が出てしまうので、支払督促が届いた段階でそのまま無視をするのは絶対に避けるべきです。

 

ネット上には督促状が届いても受け取られなければ大丈夫と書かれているものもありますが、実際には正しくありません。そんなので督促にかかる手続きが回避できるのであれば支払督促自体が意味がなくなってしまうので、正しくはありません。

 

支払督促が届いてしまった際、届くような状況になっている場合には、とにかく専門家である弁護士などに相談をして安全な解決の方法を探ってください。場合によっては債務整理による借金の解決を進めるケースもありますので、借金返済ができずに支払督促が届いた場合はまずは相談が基本となります。