任意整理による借金解決は交渉力が重要

借金の返済ができなくなったときに考える債務整理には、様々な内容の手続きがあります。自己破産も債務整理の一つであり、借金の返済ができるだけの収入が無い方は最終的に自己破産によって借金の免除をしてもらうこととなります。

 

しかし、自己破産にはデメリットもあり、手続きも面倒になりがちです。借金の原因によっては自己破産が認められない場合もあるため、なかなか難しい問題でもあります。そこで考えてみたいのが、債務整理の中でも比較的進めやすいとされている任意整理です。

 

任意整理は債権者側と話し合いをして借金の減額を行う手続きで、その後の利息に関しても免除をしてもらう内容となります。自己破産とは異なり借金自体がなくなるわけではありませんので今後の支払いは必要ですが、利息が発生しないだけでも大きく負担が軽減されます。

 

また、今まで支払ってきた利息から元金分を減らすことも場合によっては可能で、任意整理は自己破産のように借金がなくなるわけではないものの、収入があって返済は続けていける方にとっては解決まで進めやすい債務整理方法となっているのです。

 

こう見ると任意整理は手軽で誰でもできると思いがちですが、債務整理である点には変わりは無いので注意が必要です。任意整理の交渉期間中は返済をストップするために長期の滞納となり、信用情報機関には事故情報が記載されてしまいます。

 

加えて交渉力が弱いと債権者側からの合意が得られずに任意整理が行えないため、スムーズに手続きを進めたいのであれば弁護士や司法書士への相談を行うと良いでしょう。その際には任意整理を進めるデメリットもしっかりと確認しておくと、その後の手続きも安心ができます。