慰謝料問題の相談は交通事故でも

弁護士の相談内容で最近増えてきているのが、交通事故の慰謝料に関するものです。交通事故の被害者となってしまった方が十分な慰謝料を得られない場合に、弁護士への相談や依頼をしているのです。

 

一般的に、交通事故の加害者が車である場合には、被害者は加害者側が加入する保険会社の担当員などを相手に慰謝料などを含めた損害賠償、つまり支払われる保険金の交渉を進めることとなります。

 

ここで支払われる金額は事故で負った怪我の治療費や、その間の仕事の休業補償、そして精神的苦痛などに対する慰謝料となり、さらに怪我の程度が重い後遺障害の認定が得られる場合であれば金額は大きくなります。

 

しかし、保険会社はお金を払いたがらないもので、できることなら支払う保険金は最小限に抑えようとします。そのための保険会社の担当員が用意されており、被害者側の怪我の程度を聞きながら支払うべき保険金を抑えるための交渉を行ってきます。

 

つまり、交通事故の被害者となってしまうと、しっかりとした本来の金額が得られない可能性があります。相手は多くの交通事故の被害者の対応をしてきたプロの保険の担当員となるので、素人である交通事故被害者が対応をしてもうまく言いくるめられてしまいます。

 

そこで頼れるのが弁護士です。弁護士も多くの交通事故案件を扱ってきているので、保険会社にどのように出れば本来の金額で保険金が獲得できるかが分かっています。場合によっては裁判などとなるケースもありますが、弁護士に依頼をすれば面倒な手続きは全て任せられるので、交通事故の慰謝料をしっかりと獲得したいのであれば交通事故の慰謝料弁護士相談を行っておくべきなのです。